前へ
次へ

定時退社するための転職なら店舗型個人営業の求人

自社で扱っている商品を販売する方法として、お客さんに来てもらう方法とお客さんの方に行く方法があります。
個人向けに販売するのが個人営業になるので、個人営業の求人を探すときはどちらのタイプに該当するか知っておく必要があります。
お客さんに来てもらうなら店舗などを構えて店舗内で仕事をすることになるでしょう。
個人営業の求人としては店長候補であったり単なる販売員などで出されるケースがあります。
それぞれで大分仕事内容や給料も変わります。
個人営業の求人で店舗型の特徴として定時退社しやすい点があります。
ただし店長クラスだと難しく、販売員の求人を選ばなくてはいけません。
任せてもらえる部分が少ない分給料は少なくなります。
個人営業の求人で店長候補などだと販売員としてだけでなく店の管理が必要になります。
過去に管理職としての経験も求められ労働時間も長くなりがちですが、給料は高めの所も多いです。
同じ店舗型の個人営業の求人としても内容がかなり異なるでしょうから、自分が希望する個人営業ができる求人を選ぶ必要があります。

Page Top